待ちに待ったスパゲティだったのに

昨日の夕食がスパゲティでしたが、身は白々しいパスタが食べたいと思いました。
我家には夏に現れるスパゲティがあります。
それは冷製スパゲティで、処方はとてもシンプルで大根おろし、シーチキン、シソの葉をスパゲティの上にのせてめんつゆをかけるだけです。
スパゲティでめんつゆは合わないような気がしますが、本当は合います。
ただし絶対にこういう項目がそろうは限らないので、大箇所ですめんつゆとスパゲティだけあれば良いだ。
そうしてきのうはシーチキンというシソの葉だけありませんでしたが後はあるのでまったく問題ありませんでした。
大根をおろすのは一大ので、身がやる事になりました。
そうして本当に食べると口の中に衝撃が走ります。
誠に大根が辛いです。
たぶん大根の厳しい箇所による事が原因です。
最初は我慢して食べていましたが、途中から心情が悪くなってしまい、残念ながら残す案件にしました。
大根はこのような事がある案件にまったく気が付きませんでした。
これからは気を付けてやらないと、またおんなじ結果になってしまうので、気を付けたいと思います。
どうにか冷製スパゲティだったのですが、悔しい事をしました。

なんかわさびを食べたようなつんとした辛味でした。

ミュゼ太田

確かに端末として使えるけど・・・

過日、家電量販店にタブレットを買いに行きました。

普段はデスク頂点端末としているのですが、移動するニーズが出てきました。

携帯も考えたのですが、何しろ体系が足りないとうためタブレットを新しく買うことにしました。

とは言ってもさほど高体系なものでなくてもいいと思ったので、手頃な料金を売る末端を見ていた部位、その店オリジナルの端末が置いてありました。

普通のクリエイター製の端末に比べると2万円程度も安くなっていました。

メモリやCPUも遜色なくOfficeも使えるので何故安いのか少々分からなかったのですが、ほとんど超絶でいうところのプライベートブランドの様な感じではないかとあてを塗り付けました。

一際過失も見当たらなかったので買って帰ったのですが、訴えるうちにいくつか課題も出てきました。

マキシマム悩まされたのがマウスポインタの置換の遅さだ。

OSやマウスの妨害かとも思ったのですが、おんなじOSとしているデスク頂点でおんなじマウスとしてみると問題なく動きます。

ルールパネルでポインタの早さを設定しても決して短くなりません。

もう一度何となくブラウザのスタートがもっさりしていて、軽々しいブラウザですもののスタートにもたつきます。

端末として使えることは払えるのですが、これならばケチらずにクリエイター製の端末としておけばよかったと思いました。